輸入化粧品の問題点
分析依頼書ダウンロード初めての化粧品用語集 よくある質問Q&A BSLマークとは?
化粧品の品質管理のしるし
BLOOM BLOG
化粧品の業界情報を中心に情報発信
BSL
試験検査機関BSLのホームページ
JCC WEB SITE
 ------- JCC WEB SITE -------
JCCは、アジア市場を見据えた新たな国際的コスメティッククラスターの創造を目指す組織です。
JCC紹介動画
JCCの組織紹介の動画 -Youtube-
輸入化粧品・OEM製造品の抱える問題点
化粧品や香水等の輸入現場では…

化粧品や香水等の輸入現場では…全成分表示の義務付け以降も、化粧箱にある成分表示を単純に訳して記載するなど違法な処理が後を絶ちません。製造から販売店頭に至る間の保管状況等も把握できない商材が、国内で未だに流通しています。
また、完成品の輸入だけでなく、国内で調合するための原料においても同様のケースが発生しています。

line
違法な手段で国内へ持ち込まれた商材
適正な手続きを経た商材

例1.例2では、違法な手段で国内へ持ち込まれた商材と、適正な手続きを経た商材が、単純に価格のみで比較されています。


適正な通関手続きを行った商材

例3.では、適正な通関手続を行った商材でも、輸入するロットに応じて適宜検査を実施する必要がありますが『どのくらいの量で』、『どのくらいの取引回数に対して』、『何回を何本すれば』 適法なのかは明瞭な基準がありません。結果として輸入前のサンプルに対して行なった試験検査記録をいつまでも使用しています。
OEM商品はレシピを生産地の工場に指示することはあっても、毎回の生産原料や完成品の成分配合が、薬事法に合致しているかまでものチェックをしていないケースがあります。現在生産されている商材が適法な商材であることを証することができません。



従来の成分分析・検査の抱える問題点
従来、一般的に行われている成分分析・検査では…
従来、一般的に行われている成分分析・検査では…分析に要する費用が、取り扱う商品の単価に比して割高である面が否めませんでした。誠実に分析等を行うほど、在庫期間短縮といった流通関係者の要望から乖離してしまう側面もあります。
輸入事業者には、取り扱うアイテムに出会う都度、煩雑な成分確認作業や輸入手続が必要とされます。
line
従来の成分分析・検査の抱える問題点
  • 試験検査機関は財団法人・社団法人や自治体の機関が大半なうえに機関数が少ないため、試験検査料金・費用は実質『先方の言い値』に近い状態です。
  • 1商品に対する検査費用は数万円となります。売価が安い商品であっても、試験検査料金・費用は固定費として必要ですから、試験検査料金・費用の負担は軽くありません。
  • 検査に出す前に、イングリデントやフォーミュラから成分・効能等を判定し、「どの成分を依頼すべきか・・・」と逡巡するなど、実際の試験検査料金・費用とは別に内部でのコストが嵩んでいます。
  • 顧客の要望により商材を緊急で調達することは珍しくありませんが、検査に要する日数や費用がネックになり、現場では取扱をためらう 場面もあります。つまり成分分析が機会ロスや顧客の信頼低下を招く要因となるケースが、現場レベルで生じてしまうのです。